News

日台共同製作映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』、台湾にてアジア映画ランキング1位の大ヒットを記録!

ダックビル・エンタテイメントが製作委員会に参加し、主に台湾での配給を担当する日台共同製作映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』(中国語題『雖然媽媽說我不可以嫁去日本。』、通称『ママダメ』)が台湾で公開された6 月 16 日(金)から好調な滑り出しを見せています。

台湾全土26館で公開した1週目の週末6月16日(金)~18日(日)の3日間で、353万台湾ドル(約1千300万円)の興行収入を記録、台北市内のこの週末のランキングで、アジア映画としては1位、総合ランクでは6位となりました。2012年に日本映画として台湾の興行ランキング1位を獲得した「テルマエ・ロマエ」は公開初日からの3日間で約600万台湾ドルを記録しており、「ママダメ」もこのヒットに迫る異例の人気を台湾で得ています。
2週目に入ってもこの勢いは続いており、6月25日(日)までの10日間で台北市内は290万台湾ドル(約1千60万円)、台湾全土では745万台湾ドル(約2千700万円)の興行収入を上げています。
尚、日本国内では5月27日(土)より新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場他で公開しています。

ぜひとも台湾、あるいは日本で『ママダメ』をご覧ください!

詳細は映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』公式サイト・公式Facebookページにてご確認ください。
公式サイトURL:http://mama-dame.com/
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/mamadame.movie/

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』(『雖然媽媽說我不可以嫁去日本。』 ポスター

© “Mamadame” production committee

【STAFF】

【エグゼクティブ・プロデューサー】奥本 真一郎、山野 裕史
【協力プロデューサー】上野 由洋
【共同プロデューサー】椚山 英樹、中瀬 桂子、飯田 雅裕、原田 淳史
【監督】谷内田 彰久
【脚本】野村 伸一
【音楽】常田 大希
【原作】モギサン&モギ奥サン著『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』(新潮社)
【配給】台湾:Duckbill Entertainment/日本:朝日新聞社・アティカス
【配給年】2017年/日台共同制作作品
【出演】簡嫚書(ジェン・マンシュー)、中野裕太、王彩樺(ワン・サイファー)、蛭子能収、林美秀(リン・メイシュー)、大谷主水、岡本孝、与座重理久
【製作】ママダメ製作委員会 “Mamadame” production committee